技術調査

Investigation

電気技術開発TOP › 事業案内 › 技術調査

電磁誘導障害対策

交流電化鉄道および送電線により、沿線の電話線などの通信線、在来線の軌道回路に電磁誘導により誘導電圧が発生し、障害を与えることがあります。
私たちは、これらの影響を事前に誘導予測計算などの手法により調査し、対策を提案します。
また、誘導予測計算に必要な大地導電率・大地固有抵抗測定調査も行っています。

電磁誘導障害対策 作業風景
交流電気鉄道における電磁誘導障害の発生原理

交流電気鉄道における電磁誘導障害の発生原理。
電車線やレールを流れる電流により電磁誘導が生じ、通信線に影響を及ぼす可能性があります。

電気回路異常対策

当社は、送配電やき電系統に関するいろいろな現象を検討し、対策を提案します。
電気回路の計算には、必要により解析プログラムを使用し、電力回路と弱電回路を模擬して解析します。

き電方式
業務実績
  • 高圧ケーブルが多い系統の地絡故障時の電圧上昇
  • 直流地下変電所で地絡事故時のインピーダンスボンド焼損
  • 変電所設備故障時の保護リレーの動作経過と現象の関係を解明
  • 電磁誘導障害、短絡事故による影響の検討と解析