高速道路

Highway

電気技術開発TOP › 事業案内 › 高速道路
電気技術開発(JEC)は、

道路交通を支える各種電気設備


ITS(高度道路交通システム)
実現するための
情報通信システムの計画、調査、設計及び施工監理等のサービスを提供しています。

都市内及び都市間を結ぶ高速道路は今や約18,500kmにも延ぶネットワークとなり、
日本の物流を支える重要な交通インフラとなっています。
これらのインフラが効率よく機能するためには、交通流の状況把握と個々に走行する
自動車への情報提供が必要不可欠となります。

日夜進歩する情報通信技術を利用して、高度な交通管制システム、ETC、
VICS(道路交通情報通信システム)などが導入され、
交通渋滞緩和や効率的な自動車運行をサポートしております。

設備・システム

  • 設備
  • 受変電設備
  • 電力設備
  • 道路照明設備
  • 通信設備
  • 防災設備
  • 通信
  • 通信ネットワークシステム
  • 管理用無線システム

近年の業務実績例

主なご発注者

発注者 業務内容
国土交通省
(地方整備局)
  • 河川・道路監視用CCTV設備及び監視設備設計
  • 光ケーブル敷設設計
日本高速道路(株)
各社
  • 受変電、照明(トンネル照明含む)設備設計
  • 管理用無線設備の基本及び詳細設計
  • 道路上設備(非常電話、情報板、標識、気象観測、交通量計測)の設備基本及び詳細設計
  • SA、PA諸設備(受変電、照明、伝送交換)基本及び詳細設計
  • 料金所設備(照明、情報板、ETC、FFETC等)の基本及び詳細設計
  • 電話交換機設備、情報交換設備(IPネットワーク)の基本及び詳細設計
  • スマートIC設備詳細設計
首都高速道路(株)
  • 道路交通委員会業務
  • 交通管制、施設管制、防災、料金所システムの計画、基本及び詳細設計
  • 管理用無線設備の基本及び詳細設計
  • 料金所設備(照明、標識、情報板、ETC、FFETC等)の基本及び詳細設計
  • 電話交換機設備、情報交換設備の基本及び詳細設計
  • 出入口立入逆走検知・警告システム計画及び詳細設計
名古屋高速道路公社
  • 交通管制、施設管制、防災、料金所システムの計画、基本及び詳細設計
  • 道路上設備(非常電話、情報板、気象観測、交通量計測)の詳細設計
  • 料金所設備(照明、標識、情報板、ETC、FFETC等)の基本及び詳細設計
  • 情報交換設備の基本及び詳細設計
  • 将来交通管制設備検討委員会業務
阪神高速道路(株)
  • 交通管制センター調査設計、電気設備の基本及び詳細設計
福岡・北九州道路
公社
  • 道路上設備(照明、非常電話、情報板、気象観測、交通量計測)の詳細設計計
  • ETC及びVICS設備の詳細設計、情報交換設備の詳細設計
(財)道路新産業
開発機構
  • DSRC関連基本仕様作成業
  • DSRC実験関連設計及び施工管理業務
  • スマートIC設備設計及び施工管理業務